保健師さんのための転職情報サイト

保健師が転職する際のメリット・デメリット



看護師と比較すると保健師は安定した環境で勤務できると見られています。 夜勤やシフト勤務がないですし仕事上のプレッシャーや人間関係に悩むことも少ないとされています。 そして保健所や保健センターは公務員という安定的な雇用である特徴があります。
http://www.chickasha-cc.com/

最近では保健師業務や勤務先が多様化しており従来とは異なった転職が増えてきています。 ここでは、二十歳代で保健師が転職する際のメリット・デメリットを解説します。

まずはメリットから考えてみましょう。 何と言っても若いことで、再チャレンジが簡単にできる立場であることです。 雇用サイドとしても今から必要になるスキルを十分に時間をかけてマスターさせることができます。

給料面などの処遇も、さほど高いものを準備する必要がありません。 保健師として要求される最低限度のスキルは身につけているので雇いやすい人材になります。

次にデメリットを考えてみましょう。 すぐに思いつくのは職歴のなさや短さという面です。 教育していける時間がある事と即戦力として使えない事は表裏一体で、とりわけ一般の会社で勤務する企業保健師に転職する場合はすぐに活躍することを期待されるからマイナスポイントになってきます。

二十歳代での転職は、ひとつの勤務先で長期間勤務していないことです。 「雇っても、すぐに退職してしまうのではないだろうか?」という危機感を持たれてしまいます。

二十歳代で転職を考える場合はこういったメリット・デメリットを理解しておきましょう。 お薦めしたいのは、保健所や保健師転職サイトなど比較的就職しやすくて時間をかけて仕事を覚えていける求人を探すことです。 そうすれば安定した環境になるので転職後は長期間働き続けることができるでしょう。

けれども企業保健師ともなると即戦力が期待されるので適していません。 しかし保育園保健師や企業保健師のニーズは比較的最近から求められているのです。 だから経験が少ない人達でも採用してくれるチャンスはあります。

以上、二十歳代で保健師が転職する際のメリット・デメリットを解説しました。 求人情報を小まめにチェックしておきましょう。

保健師の仕事の際の服装は

保健師として仕事をするにあたって気になる方もいるのがその服装です。特に女性の方は日頃からお洒落に気を使っている方も多く、職場での服装が気になるという方もいると思います。保健師として仕事をする場合、基本的にその服装は私服である事が多くなっています。

看護師の方は白衣を着て仕事をしますが、基本的には保健師は私服で仕事をする事になります。もちろん職場によっても変わるため、気になる方は転職の際などに求人情報を確認する際にチェックしておくと良いでしょう。

行政保健師として、家庭に訪問する際は、私服にエプロンと言ったカジュアルな装いが一般的です。

私服で仕事をする方が良いという方もいますし、制服がある方が良いという方もいるため、どちらで仕事をするのが良いとは一概には言えませんが、毎日着る服装で悩むのが面倒だという方には白衣着用の方が嬉しいのではないでしょうか。

学校で働く保健師の場合は、看護師と同じように白衣を着る事もあります。看護師のようにナース服ではなく、男性の方が着るような白衣の場合もあります。こうした白衣はさっと羽織る事ができるので、その状況に応じて白衣を羽織ればすぐに状況に対応できるので便利です。

白衣は職場で支給される事がほとんどのため、あなたが自分で用意する必要が出てくる事はあまりないと言えます。交換が必要な際にも職場に相談すれば受け付けてくれる事が多いです。

また、服装にこだわりがある方は求人を検討する段階でチェックしていくのがお勧めです。転職サイトでは服装について詳細に記載がある求人情報とそうでないものがあるため、服装についての情報がない場合は確認しておくと良いでしょう。

細かい事なので聞きにくいという方もいるかもしれませんが、転職サイトに登録するとアドバイザーの方が付いてくれるため、その方に相談するようにすれば職場側にアドバイザーの方が確認をしてくれるため便利です。

保健師の方の志望動機の対策

保健師の方が転職活動をする際にポイントになる事に面接がありますが、その際に必ずと言って良いほど聞かれるのが志望動機です。なぜ保健師として仕事をしたいと思ったのか、なぜその職場でないといけないのかという事は必ず答を出しておく必要があります。

何気なくその職場が良いと思った方も多く、意外と自分がどうしてその職場や保健師の仕事を選ぶのか、理由がはっきりしないという方もいます。まずは志望動機について考えようとする事が大切です。

保健師や受けようと思った職場を選んだのには必ず理由があるため、その理由を探っていく必要があります。これには色々な面から考えてみる事が大切です。まずは仕事の内容です。

保健師として多くの方の健康をサポートする仕事に興味を持ったのなら、それはどうしてなのか、ぴんときた所はどういう所なのかという点について考えていきます。保健師の仕事にも様々な 業務があり、その細かく見た時の一つのポイントに興味を持っているかもしれません。

次に職場です。保健師の仕事は最近は病院だけに留まらず、様々な場所で必要とされています。企業などでも保健師の重要性が高まっていますし、治験の仕事をする方などもいます。そうした事から、なぜその職場が良いと思ったのかについても考えてみるようにしましょう。

職場ごとに違った傾向があり、病院が良いと思ったならその理由があるはずですし、企業が良いと思ったならそれもまた、企業で働く保健師ならではの理由がある事になります。

最後に条件面です。これは面接ではあまり大きく志望動機として話に出さない方が良い事もありますが、考えておく事は大切です。収入や勤務地など、魅力を感じた点を振り返ってみると良いでしょう。

あなたが何に重きを置いているのかを知る事ができます。こうした各項目について振り返っていくと、なぜその職場を志望したのかという事が自分の中で分かってきます。これを伝えていく事で伝える際にも効果的な志望動機とする事ができます。

↑ PAGE TOP